美意識を磨くコツ――目ではなく、皮膚で理解する

美意識を磨くコツ――目ではなく、皮膚で理解する

Photo: Adobe Stock

NHK「プロフェッショナルの流儀」で紹介され話題沸騰! 1200年続く京都の伝統工芸・西陣織の織物(テキスタイル)が、ディオールやシャネル、エルメス、カルティエなど、世界の一流ブランドの店舗で、その内装に使われているのをご存じだろうか。衰退する西陣織マーケットに危機感を抱き、いち早く海外マーケットの開拓に成功した先駆者。それが西陣織の老舗「細尾」の12代目経営者・細尾真孝氏だ。その海外マーケット開拓の経緯は、ハーバードのケーススタディーとしても取り上げられるなど、いま世界から注目を集めている元ミュージシャンという異色の経営者。そんな細尾氏の初の著書『日本の美意識で世界初に挑む』がダイヤモンド社から発売。閉塞する今の時代に、経営者やビジネスパーソンは何を拠り所にして、どう行動すればいいのか? 同書の中にはこれからの時代を切り拓くヒントが散りばめられている。同書のエッセンスを抜粋してお届けする。

■美がそこに存在している「気配」のようなものをとらえる

 物に関しては、本や写真でいくら知識を深めても、実物を目の前にして「美しいなあ」という感動を得なければ、その美を理解することはできません。

 しかも見るだけでなく、手に取って質感を確かめ、美がそこに存在している「気配」のようなものをとらえることが重要だと私は思います。

 目ではなく、皮膚で理解する。

 すべての感覚器は皮膚の細胞から発展したといいますが、人間の五感の中でも根本的なのは、やはり触覚なのです。

 職人技が詰まったラグジュアリーブランドの製品でもいいですし、伝統の工芸品が並べてあるお店でも構いませんから、「物に触れられる場所」に行く経験を持っていただくと、美意識を育てることにつながると思います。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)