【92歳の現役課長が教える】 当たり前のことを続ける もっとも大きなメリット

【92歳の現役課長が教える】 当たり前のことを続ける もっとも大きなメリット

鳴田小夜子(KOGUMA OFFICE)

本田健氏 絶賛!「すべての幸せがこの1冊に詰まっている!」
『92歳 総務課長の教え』の著者で、大阪の商社に勤務する92歳の玉置泰子さん。「世界最高齢の総務部員」として、ギネス世界記録に認定された現役総務課長だ。1956(昭和31)年の入社から総務一筋、勤続66年。「私に定年はない。働けるかぎりは、いつまでも頑張る!」と生涯現役を誓う“世界一の先輩”が、長く幸せに働く63の秘訣を手とり足とり教えてくれる。

■凡事徹底が自信を育ててくれる

【前回】からの続き

入社したばかりの若い人に、「凡事徹底」といっても、すんなりとは伝わりません。若い世代には、耳慣れない言葉なのでしょう。

でも、学校で部活動をしていた人なら、「あんたらも、部活で監督や先輩たちにいわれて『こんなことが、なんの役に立つんや?』って思いながらやっていたことが、ゆくゆくは自分に返ってきて、役立った経験があるやろ。それが凡事徹底ということなのよ」と教えると理解してくれます。

野球をやっている子どもたちは、大きな声で挨拶する、挨拶するときは帽子をとる、練習前にグラウンドに落ちているゴミを拾って整備する、グローブやスパイクといった道具の手入れをする、打ったら全力で走るといった凡事を徹底することを監督やコーチから教わっています(私はスポーツを観るのも自分でするのも大好きなので、スポーツがらみの話が多く出てきますがご了承ください)。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)