「勉強したところを見える化する」資格試験の不安を消す方法

「勉強したところを見える化する」資格試験の不安を消す方法

Photo: Adobe Stock

働きながら3年で、9つの資格に独学合格! 大量に覚えて、絶対忘れないノウハウとは?
「忘れる前に思い出す」最強のしくみ、「大量記憶表」を公開!
本連載の著者は棚田健大郎氏。1年間必死に勉強したにもかかわらず、宅建試験に落ちたことをきっかけに、「自分のように勉強が苦手な人向けの方法を編み出そう」と一念発起。苦労の末に「勉強することを小分けにし、計画的に復習する」しくみ、大量記憶表を発明します。棚田氏の勉強メソッドをまとめた書籍、『大量に覚えて絶対忘れない「紙1枚」勉強法』の刊行を記念して、本書の内容を一部公開します。

■どんな資格試験にも効く! 最強勉強法

 仕事や家事をしながらの試験勉強は、どうしても予定通りに進まないことが多いですよね。それが続いてくると、だんだん焦り始めます。

 人によっては「来年改めて受けよう」と考え始めてしまいます。これは絶対にダメです。

 こういうネガティブ思考になるのは、学習の進行状況が把握できていないからです。

 つまり、「自分は今どこの分野が終わっていて、どこが手つかずなのか」が明確にわからないので、ちょっと勉強時間がとれなかっただけで、イライラしたり不安になったりします。

 そこで私は、「勉強したところ」を下図のように可視化することにしました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)