頭がいい人と悪い人「転職エージェント」との付き合い方の差

頭がいい人と悪い人「転職エージェント」との付き合い方の差

Photo: Adobe Stock

「今の会社で働き続けていいのかな?」「でも、転職するのは怖いな……」。働き方が大きく変わるなか、そんな悩みを抱える人は多いだろう。高卒から、30歳で年収1000万円超という驚きの経歴をもつ山下良輔さんは、そんな「転職迷子」たちから圧倒的な支持を得ている。山下さんは出版した初の著書『転職が僕らを助けてくれる――新卒で入れなかったあの会社に入社する方法』で、自らの転職経験を全て公開している。
その戦略は「外資系やコンサル業界は、学歴エリートでなくても入れる」「職歴に一貫性はなくてもいい」など、これまでの「転職の常識」を塗り替えるものばかりだ。どうしたら人生を変える転職ができるのか、どうしたらいい会社選びができるのか。この連載では本書より一部を特別に公開する。

■転職エージェントに「難しい」と言われたら?

 転職エージェントとやりとりするなかで、気をつけなければならないのが「あなたには難しいですよ」の呪いです。

 僕は高卒の学歴で2回転職したのですが、そもそもほとんどの大手企業の応募条件には、あてはまっていません。大卒の人は気づいていないかもしれませんが、応募条件として「学歴:4年制大学卒業以上」を掲載している会社は多いのです。

 転職エージェントはプロです。高卒に限らず、これまで数多くの事例を見てきて、「これくらいの学歴・職歴の求職者は、これくらいのレベルの会社に内定できる」という相場感を持っています。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)