元司書が語る! 国立国会図書館の絶版本「読み放題解禁」がスゴい

元司書が語る! 国立国会図書館の絶版本「読み放題解禁」がスゴい

元司書が語る! 国立国会図書館の絶版本「読み放題解禁」がスゴいの画像

『独学大全──絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法』著者の読書猿さんは昨年「独学」「執筆」に加えて「復刊」をライフワークとしていくことをTwitterで宣言した。この連載「読書猿が推す『良書復刊』プロジェクト」では、読書猿さんが推す復刊本や、復刊に関係する話を紹介していく。
2022年5月19日より、国会図書館による「個人向けデジタル化資料送信サービス」がスタートする。ごく簡単に説明すると「国会図書館デジタルコレクション所蔵の絶版本や雑誌が、自宅で読み放題になる無料サービス」だ。読書猿さんは、このニュースは全国の独学者にとっても福音であると話す。今回は、元司書でレファレンス担当だった書物蔵さんを対談相手に迎え、同サービスの使いこなし方、楽しみ方を語ってもらった。(取材・執筆/藤田美菜子)

■「自宅の隣に国会図書館」のインパクト

――今回スタートする、国会図書館の「個人向けデジタル化資料送信サービス」の意義について、改めて教えてください。

書物蔵:わかりやすく言うと、自宅の隣に国会図書館がたつようなものです。これまで永田町に足を運ばなければ読めなかったような古い資料が、家にいながらにして使えるようになる。とりわけ地方在住者にとっては非常にありがたいサービスといえます。

読書猿:ごく基本的な話をすると、国会図書館というのは原則として「日本で出版されるすべての本が収められる場所」です。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)