進化する動物病院――飼い主とペットにとって本当によい動物病院とは

進化する動物病院――飼い主とペットにとって本当によい動物病院とは

進化する動物病院――飼い主とペットにとって本当によい動物病院とはの画像

ペットの家族化により、動物病院の重要性はますます増している。ペットの健康と長生きを願う飼い主のニーズに、今の動物病院はどこまで応えることができているのか。専門医療への特化、DXによる快適な診療など、新しい変革が進むと同時に、飼い主は数ある動物病院の中で、「わが家のペットにとって最もいい病院とは?」という迷いに直面している。獣医師の資格を持ちながら、プリモ動物病院グループの経営者として手腕を振るう生田目康道氏が、著書『「獣医師企業家」と「プリモ動物病院」の挑戦 QAL経営』で語る、人とペットの幸せを実現する動物病院とは? 動物病院選びのアドバイスも合わせて聞いてみた。(取材・構成/久遠秋生)

■緩やかに増加傾向にある動物病院の数

――生田目さんが著書「QAL経営」で言及されているように、人とペットの幸せな暮らしには、動物病院の存在が大きな役割を果たします。動物病院のあり方も大きく変化しているとのことですが、最近の動物病院の現状について教えてください。

生田目康道(以下、生田目) まず全国に動物病院がどれくらいあるのかをお伝えしますね。

 農林水産省が集計したデータによると、2021年の全国の動物病院数は1万6478施設(「飼育動物診療施設の開設届出状況」より)です。

――動物病院は、そんなにたくさんあるんですね!

生田目 ただし、この数字には一部廃業した動物病院数が時間差で反映されていないケースもあるようで、実際の動物病院の数はここまで多くはなさそうです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)