【日本一のマーケッターの至言】 商品・サービスを購入するということは、顧客にとっては「自分の抱えている問題を解決する」ということ。 もっと言えば「“今の自分”から“新しい自分”に変化する」ということだ。

【日本一のマーケッターの至言】 商品・サービスを購入するということは、顧客にとっては「自分の抱えている問題を解決する」ということ。 もっと言えば「“今の自分”から“新しい自分”に変化する」ということだ。

Photo: Adobe Stock

NHK Eテレ『先人たちの底力 知恵泉』でカリスマ経営コンサルタントとして紹介された~田昌典氏が、アメリカで百年以上続く売れ続けるコピーライティング技術を日本で普及させ、はや四半世紀。
その第一人者25年の集大成が『コピーライティング技術大全──百年売れ続ける言葉の原則』。
過去百年から向こう百年の原理原則まで書き尽くされた、いまだかつてない“鈍器本”だ。
実際、3520円(税込)にもかかわらず「最強のコスパ本」と話題になっている。
★1987年から続く書評専門誌『トップポイント』で「売上アップに直結する100のコピーライティング技術を体系的に指南。まさに「大全」の名にふさわしい実践マニュアル」と絶賛
★4つの力(判断力・思考力・表現力・発信力)が身につく【コピーライティング技術100】完全網羅
★【BTRNUTSS見出しチェッカー】【PASBECONAテンプレート】【PMMサーチシート】初公開
★「どう言うか」だけでなく「何を言うか」まで、紙・ウェブ・スマホ完全対応
~田氏は言う。「タイトルを『大全』としたのは誇張ではない。従来のコピーライティングにとどまらない広範な分野──事業戦略、マーケティング戦略から効果計測・分析、テキストデザイン、表現技術や発想法まで──総計100に及ぶコピーライティング技術を横断的につなぎ合わせ、実用しやすい体系にまとめあげるには、果てしない作業が必要となった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)