【救いか後悔か】自分の「今日」はどんな時間として思い出されるのか?

【救いか後悔か】自分の「今日」はどんな時間として思い出されるのか?

Photo: Adobe Stock

韓国で45万部の超ロングセラーが発売から7年、いよいよ日本に上陸。韓国で社会現象を巻き起こした『勉強が面白くなる瞬間』。この本を読んで、学生の98.4%が「勉強をしたくなった」と証言! なぜ、勉強をしなかった人たちが勉強に夢中になるのか。10代〜70代の世代を超えて多くの人が共感。そこにノウハウは一切ありません。ただ、この本を読んだ人にはわかることでしょう。執筆に8年かかったとされる『勉強が面白くなる瞬間』から、その驚くべき内容を紹介する。

■ありがたい1日か、消し去りたい1日か

 高校を卒業して間もないころです。先生に言われて、私はある後輩に会いました。話し始めて5分もたたないうちに、その後輩がいきなり「僕、1年前に戻りたいんです」と言うのです。突然の言葉に、「どういうことだ?」とわけが分からなくなりました。

 さらに聞いてみると、彼は最近、気持ちを引き締めて本格的に勉強を始めたばかりでした。これまで時間を無駄にして遊んでばかりいたのに、いざ勉強を始めてみると、浪費した時間が悔やまれると言うのです。成績を上げないといけないのに時間が足りず、一気にやろうとすると大変です。1年前に戻ったら「何をどうしたいのか」が気になりましたが、質問を少し変えてみました。

「1年前の自分に会ったら、何を言ってやりたい?」

 返事はなく、重い沈黙だけが流れます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)