「経営者は完璧じゃないとだめ」先入観がなくなったから、起業できた

「経営者は完璧じゃないとだめ」先入観がなくなったから、起業できた

「経営者は完璧じゃないとだめ」先入観がなくなったから、起業できたの画像

3月に『起業家の思考法 「別解力」で圧倒的成果を生む問題発見・解決・実践の技法』を出版した株式会社じげん代表取締役社長の平尾丈氏。25歳で社長、30歳でマザーズ上場、35歳で東証一部へ上場し、創業以来12期連続で増収増益を達成した気鋭の起業家だ。
そんな平尾氏が「起業家があこがれる起業家」と呼ぶのが株式会社LayerX代表取締役CEOの福島良典氏。東京大学大学院に在学中の2012年にGunosyを起業。創業から2年半でマザーズ上場を果たす。2016年にはForbes Asiaよりアジアを代表する「30歳未満」に選出。2018年には「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションのもと、2度目の起業としてLayerXを設立している。
不確実性が高く、前例や正攻法に頼れない時代。そのなかで圧倒的な成果を出しているおふたりに「起業家の思考法」について語っていただいた。
連載第1回は、福島氏の「別解力」の秘密から、起業できる人とできない人の違いに迫る。
(構成 林拓馬)

■二次的思考ができるか

――平尾さんから見たときの福島さんの別解力を解説してください

平尾丈(以下、平尾):別解力で福島さんを表現できるか、わからないほどです。彼は世界の宝というか。日本のマーク・ザッカーバーグだと思っています。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)