【92歳の現役課長が教える】 何歳になっても忘れてはならないこと

【92歳の現役課長が教える】 何歳になっても忘れてはならないこと

鳴田小夜子(KOGUMA OFFICE)

本田健氏 絶賛!「すべての幸せがこの1冊に詰まっている!」
『92歳 総務課長の教え』の著者で、大阪の商社に勤務する92歳の玉置泰子さん。「世界最高齢の総務部員」として、ギネス世界記録に認定された現役総務課長だ。1956(昭和31)年の入社から総務一筋、勤続66年。「私に定年はない。働けるかぎりは、いつまでも頑張る!」と生涯現役を誓う“世界一の先輩”が、長く幸せに働く63の秘訣を手とり足とり教えてくれる。

■何歳になっても学ぶ姿勢を忘れない

【前回】からの続き

私の会社は研修会社と契約して、若手をはじめとした社員のスキルアップや自己啓発をサポートしてくれています。

研修会社によって研修カリキュラムが毎年更新されて、それが全部署・全社員に示されます。そこから好きなカリキュラムを選べる仕組みになっており、研修費は会社が全額補助してくれます。

会社の研修で大切なのは、会社からのお仕着せでなく、社員が自ら選んで学ぶことだと思います。私の会社では、上司から「この研修を受けなさい」と指示されるのではなく、あくまで自主的に選んで研修を受けることになっています。

人は、他人から強制されると、やる気が出ないものです。近ごろは強制参加の部署の飲み会を敬遠する若手社員が増えているといいますが、強制参加の研修をイヤイヤ受けても、その内容は身につきにくいでしょう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)