単なる「雑学好き」で終わる人と、本当の教養を手に入れる人の差

単なる「雑学好き」で終わる人と、本当の教養を手に入れる人の差

Photo: Adobe Stock

『独学大全──絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法』著者の読書猿さんは昨年「独学」「執筆」に加えて「復刊」をライフワークとしていくことをTwitterで宣言した。この連載「読書猿が推す『良書復刊』プロジェクト」では、読書猿さんが推す復刊本や、復刊に関係する話を紹介していく。
2022年5月19日より、国会図書館による「個人向けデジタル化資料送信サービス」がスタートする。ごく簡単に説明すると「国会図書館デジタルコレクション所蔵の絶版本や雑誌が、自宅で読み放題になる無料サービス」だ。読書猿さんは、このニュースは全国の独学者にとっても福音であると話す。今回は、元司書でレファレンス担当だった書物蔵さんを対談相手に迎え、同サービスの使いこなし方、楽しみ方を語ってもらった。(取材・執筆/藤田美菜子)

第1回 元司書が語る!国立国会図書館の絶版本「読み放題解禁」がスゴい

■膨大な資料を「宝の持ち腐れ」にしないために

――今回スタートした、国会図書館の「個人向けデジタル化資料送信サービス」では、「国立国会図書館デジタルコレクション」(以下デジコレ)に入っている約153万点もの絶版資料が、自宅で利用できるようになります(※注1)。とはいえ、うまく使いこなすことができなければ、せっかくの資料の山も「宝の持ち腐れ」になってしまいますね。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)