【高スペック学生が次々と陥る落とし穴】 慶應、早稲田……なぜ、高学歴の就活生が就職留年してしまうのか?

【高スペック学生が次々と陥る落とし穴】 慶應、早稲田……なぜ、高学歴の就活生が就職留年してしまうのか?

Photo: Adobe Stock

就活本に初めて「自己分析」の考えを取り入れた本として
14年連続大学生協第1位のベストセラーを誇る『絶対内定』シリーズ。
ただ内定をとるためだけではなく、「心から納得のいく進路が見つかる」「本当にやりたい仕事がわかる(やりたいことに気づける)」「自分らしく働ける会社と出合える」「入社してから『こんなはずじゃなかった』と後悔しない」ための1冊であることが大きな特徴だ。
キャリアデザインスクール「我究館」のもつ、1万人以上におよぶ就職・転職指導の経験を活かしたノウハウが、このシリーズには詰まっている。
コロナ禍で価値観が大きく変わるなか、会社選びも大きく変わってきている。
自分らしい働き方とは、生き方とは…、
今、じっくり自分と向き合う時間を『絶対内定』と過ごす就活生が増えている。
(構成/藤本健司、ダイヤモンド社・朝倉陸矢)

■就職留年生の共通点とは?

今年で31期生を迎えている我究館には、毎年約200人近くの学生が入館する。そのうち1割以上は就職留年の学生だ。ほとんどが、GMARCH以上の大学に通っている学生である。そして、特に慶應義塾大学と早稲田大学の学生が多い。意外に思われるかもしれないが、留学経験があったり、部活動を行っていたりする学生もいる。さらには、内定をいただいたにもかかわらず就職留年する学生もいる。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)