【92歳の現役課長が教える】 マリリン・モンローを救い レディー・ガガがタトゥーにした 詩人・リルケの教え

【92歳の現役課長が教える】 マリリン・モンローを救い レディー・ガガがタトゥーにした 詩人・リルケの教え

鳴田小夜子(KOGUMA OFFICE)

本田健氏 絶賛!「すべての幸せがこの1冊に詰まっている!」
『92歳 総務課長の教え』の著者で、大阪の商社に勤務する92歳の玉置泰子さん。「世界最高齢の総務部員」として、ギネス世界記録に認定された現役総務課長だ。1956(昭和31)年の入社から総務一筋、勤続66年。「私に定年はない。働けるかぎりは、いつまでも頑張る!」と生涯現役を誓う“世界一の先輩”が、長く幸せに働く63の秘訣を手とり足とり教えてくれる。

■夜、自分と向き合って考えてみる

【前回】からの続き

私が若い頃、戦後の焼け野原からはじまった日本は貧しく、生きるのに懸命でした。だから、生きるためには、働かなければならないという必死の思いがありました。

いまのように、やりたいことを仕事にするという恵まれた考えはなかったのです。日本が豊かになったのはよいことですが、一方で「やりたい仕事が見つからない」という悩みを抱えている若者もいるようです。

そんな若い世代には、私が好きな詩人、ライナー・マリア・リルケの『若き詩人への手紙』という本を読んでみることをおすすめします。この本は、悩める若き詩人の求めに応じて、リルケが送った手紙をまとめたものです。

リルケは、「誰もあなたに助言したり、手助けしたりすることはできない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)