【おすすめファンド1】驚くほど安いコストが魅力のeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

【おすすめファンド1】驚くほど安いコストが魅力のeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

Photo: Adobe Stock

コロナ禍のリモートワークなど生活スタイルの変化により注目されたのが、資産形成に対する関心が高まったこと。特に、20〜30代の若い人たちの間で、つみたてNISAの口座開設が急増した。そんな状況の中、つみたてNISA本の決定版ともいえる『最新版 つみたてNISAはこの9本から選びなさい』(中野晴啓著、ダイヤモンド社)が3月16日に発売。本連載では、つみたてNISAを利用して長期投資や資産形成をしてみたいという人に向けて、失敗しないつみたてNISAの賢い選び方・買い方について、同書から抜粋して公開する。「つみたてNISAってなに?」という投資ビギナーの人でも大丈夫。基本的なところからわかりやすくお伝えしていくので、ぜひ、お付き合いください。

■高い株式投資比率で、世界経済の成長を確保するファンド

 日本を含む先進国、および新興国の株式市場の値動きに対して連動する成績を目指した投資信託です(下図表)。

 運用成績の比較対象となるベンチマークは「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)」で、これとほぼ同じ値動きを目指します。

 債券は原則として組み入れないため、ボラティリティ(変動幅)はやや高めになりますが、その分だけ世界経済の成長をキャッチアップしやすい商品性と考えられます。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)