退職後の収入減が不安な現役の70歳男性、「自宅をカネに換える」借金はアリ?

退職後の収入減が不安な現役の70歳男性、「自宅をカネに換える」借金はアリ?

写真はイメージです Photo:PIXTA

■70歳の今も現役で就労中だが退職後の収入減が不安

 今回は、70歳男性のRさんからのご相談です。今も仕事をしており、月に40万円の給与を稼いでいますが、年齢的にいつまで働き続けられるか不安とのこと。

 老後の生活に余裕を持たせるため、退職後は自宅を担保に入れ、自宅に住み続けながら老後資金を借り入れる「リバースモーゲージ」の利用を視野に入れているのですが、果たして正解なのか、お悩みです。

【家族構成とそれぞれの年齢】
夫婦2人子供なし:夫(70歳)、妻(66歳)

【世帯収入(月額)】
給与+年金(日本+米国)+米国不動産収入(ネット)=85万円

【月間支出】
住宅ローン+生活費+義母(88歳)扶養費=69万円

【貯蓄+運用資産額】
現金+株式=1000万円

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)