夢を叶えられない人に徹底的に欠けているもの

夢を叶えられない人に徹底的に欠けているもの

Photo: Adobe Stock

韓国で45万部の超ロングセラーが発売から7年、いよいよ日本に上陸。韓国で社会現象を巻き起こした『勉強が面白くなる瞬間』。この本を読んで、学生の98.4%が「勉強をしたくなった」と証言! なぜ、勉強をしなかった人たちが勉強に夢中になるのか。10代〜70代の世代を超えて多くの人が共感。そこにノウハウは一切ありません。ただ、この本を読んだ人にはわかることでしょう。執筆に8年かかったとされる『勉強が面白くなる瞬間』から、その驚くべき内容を紹介する。

■夢とは、自分がなりたい職業ではない

 私はずっと、夢とは「自分がなりたい職業」のことだと思っていました。他の友達はなりたい職業があるのに、私にはそれさえもありませんでした。または多すぎたのでしょうか。父と一緒に釣り堀屋に行けば釣り堀屋の社長になりたくなるし、母と一緒にカラオケに行けば歌手になりたいと思いました。1日に何度もなりたいものが変わったせいで、これだという夢を決めることができませんでした。そうして小学校を卒業するころになると、あれだけたくさんあった夢は、影も形もなく消え去ってしまいました。

 そのあとも、私の夢は現れたり消えたりを繰り返しました。中学生のころは「夢もないのに、勉強なんてしてどうする」と、ひねくれたこともあったし、「夢はあるけど、こんな成績じゃ恥ずかしくて誰にも話せない」と肩を落としたこともありました。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)