【NHK「あさイチ」で話題!】 美文字になるためには、 「様」と「申」だけ 練習すればよい!?

【NHK「あさイチ」で話題!】 美文字になるためには、 「様」と「申」だけ 練習すればよい!?

美文字 練習すべき漢字は2つ

【NHK「あさイチ」で話題!】 美文字になるためには、 「様」と「申」だけ 練習すればよい!?

漢字をきれいに書くためのコツがすべて入っている最強の漢字が「様」と「申」。(「簡単ルールで突然、美文字が書ける」より)

本日のNHKの「あさイチ」では、「簡単ルールで突然、美文字が書ける」の著者・萩原季実子先生がVTR出演。ツイQ楽ワザの「冠婚葬祭特集」で、多くの人が困りがちな筆ペンで「のし袋」に字を書く時のコツを披露された。実際に、リポーターの副島淳さんが、萩原先生の筆ペンレッスンを数分だけ受けて書いたところ、驚きの変化が!

 番組の中で萩原先生が美文字のコツとして挙げたものは、萩原先生の最新刊「簡単ルールで突然、美文字が書ける」の30のルールに入っているものも多い。筆ペンには、筆ペンならではのコツもあるけれども、「字の基本」自体はボールペンも筆ペンも変わらないそう。今回は、番組でも紹介されたいくつかのコツを、本書より抜粋してご紹介します。

■「様」と「申」は、美文字のための最強の漢字

 番組でもご紹介したのが、美文字のコツを学ぶのに大事な漢字が、「様」と「申」の2文字であることです。

 拙著で、漢字をきれいに書くためのコツとして8つのルールを挙げておりますが、実は、この2つの文字には、それらがすべて入っているのです。ですからこの2文字さえ、美しく書けるようになれば、他の漢字もすべてきれいに書けるようになるということ。

 たとえば、番組では「様」のポイントとして、

★書き始めに、斜め45度の打ち込みを入れる(下記画像中?)
★横線は「漢数字の一、二、三の法則」が使える(下記画像中?)
★「へん」と「つくり」のバランスは1:2(下記画像中?)

 などをご紹介しました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)