コロナ発症後、「血栓・出血」にはいつごろまで注意すればいいか

コロナ発症後、「血栓・出血」にはいつごろまで注意すればいいか

写真はイメージです Photo:PIXTA

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、血管内で血液が“凝固”する「静脈血栓塞栓症(VTE)」リスクを上昇させるが、いつまで高リスク状態が続くのだろう。

 スウェーデン・ウメオ大学の研究グループは、公衆衛生庁の感染症監視システムを使い、2020年2月1日から21年5月25日の期間に新型コロナウイルス陽性例(初発のみ)100万人超を特定。性別や年齢、居住地がマッチした400万人超の陰性例とVTEリスクを比較している。

 具体的には、COVID-19が発症してから180日目までに手足の静脈に血栓が生じる「深部静脈血栓症(DVT)」、その血栓が肺静脈に飛んで血管が詰まる「肺塞栓症(PE)」、凝固異常から生じる「出血(内出血など)」の発生頻度と時期を比較した。

 その結果、DVTリスクはCOVID-19発症70日まで、PEは同110日まで、出血は同60日まで有意に上昇することが判明している。特に命にも関わるPEのリスクは、COVID-19発症早期の1週間以内でおよそ36倍、2週目はおよそ46倍へ上昇することが示された。

 併存疾患や過去のVTEの病歴、手術などの影響を調整した後でも、COVID-19発症1カ月後のリスクは、DVTで約5倍、PEが約33倍、出血はおよそ2倍に増加することが明らかになった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)