今から買ってもいい、おすすめのETF7本はこれ!【パート1】

今から買ってもいい、おすすめのETF7本はこれ!【パート1】

Photo: Adobe Stock

書店で一番売れているETF本の最新版『改訂新版 ETFはこの7本を買いなさい』(朝倉智也著)が、2月16日に発売。投資先進国米国で、ほぼ毎年のように2桁成長を続けている注目の金融商品ETF(上場投資信託)。現在の純資産残高は約683兆円。一方、日本のETFの市場規模は2021年4月末で約60兆円。しかし、日本でもETFを投資の選択肢に入れる人が着実に増えている。特に注目度が高まっているのが海外ETFだ。(1)低コスト、(2)機動的な取引ができる、(3)分配金を受け取りながら運用できる、(4)究極の分散投資ができる、など多くのメリットがあるETF。本連載では、長期投資やETFに興味がある人に向けて、そもそもETFとは何か、その賢い選び方・買い方、資産運用としてのETFとの付き合い方などについて、同書から一部を抜粋して公開する。

■おすすめETFの7本を紹介

 前回は、買ってもいいおすすめのETFを一覧表で紹介しました。今回からは、7本の中身について順にご紹介していきましょう。何回かに分けて紹介いたします。

 1 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
(ティッカーコード:VT、運用会社:バンガード)

「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」に連動するETFで、世界全体の株式時価総額の98%以上をカバーしています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)