疲れをためない最強メソッド「やる気貯金」とは?

疲れをためない最強メソッド「やる気貯金」とは?

Photo: Adobe Stock

働きながら3年で、9つの資格に独学合格! 大量に覚えて、絶対忘れないノウハウとは?
「忘れる前に思い出す」最強のしくみ、「大量記憶表」を公開!
本連載の著者は棚田健大郎氏。1年間必死に勉強したにもかかわらず、宅建試験に落ちたことをきっかけに、「自分のように勉強が苦手な人向けの方法を編み出そう」と一念発起。苦労の末に「勉強することを小分けにし、計画的に復習する」しくみ、大量記憶表を発明します。棚田氏の勉強メソッドをまとめた書籍、『大量に覚えて絶対忘れない「紙1枚」勉強法』の刊行を記念して、本書の内容を一部公開します。

■「疲れが抜けきっていない」に効くメソッド

 社会人の試験勉強は、仕事や家事、育児が終わった夜から始まることが多いでしょう。私もそうでした。限られた時間の中で勉強していると、「疲れ」や「モチベーション」のコントロールがとても重要になってきます。

 例えば、仕事で契約がたくさんとれてうまくいったので気分が乗っていたとします。

 その日やるべき分量は終了しましたが、頭が冴えていてとても調子がいいです。もし皆さんだったらこの状況でどうしますか?

 おそらく多くの方が「調子がいいなら、予定より先に進めたほうが、その分後がラクになるのでは」と考えるでしょう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)