【断りベタ必見】断ってるのに「なぜか感じいい」断り方ベスト2

【断りベタ必見】断ってるのに「なぜか感じいい」断り方ベスト2

【断りベタ必見】断ってるのに「なぜか感じいい」断り方ベスト2の画像

相手も自分も心地いいコミュニケーションをするために、「言葉の使い方」はとても重要だろう。言葉一つで、前向きな気持ちや幸せな気持ちになれるし、その逆も然りだ。このたび、さまざまなシーンごとにすてきな言い方を紹介する『いつもの言葉があか抜ける オトナ女子のすてきな語彙力帳』が刊行された。著者は7万人を超える人にコミュニケーションを伝えてきた吉井奈々氏だ。吉井氏は全国で講演をするほか、発信しているYouTubeの映像は1日10万時間以上再生され、総再生回数は900万回を超すコミュニケーションYouTuberでもある。
今回は、本書の発売を記念し、特別インタビューを実施。第7回は「断り下手の特徴」は「感じのいい断り方」について聞いた。(取材・構成:小川晶子 写真:疋田千里)

■感じのいい断り方【ベスト1】

──私は断るのが苦手で、依頼やお誘いなどお断りせざるをえない状況のときにも、いつも断り方で悩みます。断ったあとも、感じ悪かったのではないか?と考えてしまって。同じように断るのが苦手と感じる人もいると思うのですが、断り下手な人の特徴ってありますか?

吉井奈々(以下、吉井):断るのが苦手な人は、「断ったらこう思われる」という想像力が豊かなんですよね。実際、断り方によっては印象が悪くなります。

 たとえば、「この仕事、今月中にお願いしたいんだけど」と言われたとき「今月中は無理です」と断ったら、相手は残念な気持ちになるでしょう。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)