【92歳の現役総務課長が教える】 複数の仕事を抱える人が自覚すべき 2つのポイント

【92歳の現役総務課長が教える】 複数の仕事を抱える人が自覚すべき 2つのポイント

鳴田小夜子(KOGUMA OFFICE)

「仕事がおもしろくない」「上司にうんざり」「もう会社を辞めたい!」
そんな思いが少しでもあるなら参考にしたいのが、92歳にして、現役総務課長としてバリバリ働いている玉置泰子さんの著書『92歳 総務課長の教え』だ。
ベストセラー作家・本田健氏も絶賛する泰子さんの教えは、新入社員からベテラン社員まで即役立つ、説得力あふれる教訓と箴言が満載だ。
「世界最高齢の総務部員」として、ギネス世界記録に認定された泰子さんが、長く幸せに働く63の秘訣を手とり足とり教えてくれる。

■「重要度」と「切迫度」で優先順位をつける

私は常時、複数の仕事を抱えています。私に限らず、みなさんも同時に複数の仕事を抱えていることでしょう。そうした仕事には、とても重要なものと、優先順位の低いものが、入り交じっているはずです。仕事をいくつも抱えていると、何から手をつけていいのかがわからなくなり、油断すると締め切りに間に合わない仕事が出てきてしまいます。

そんなことを避けるために欠かせないのが、仕事に優先順位をつけておくこと。優先順位の基準となるのは、「仕事の重要度」「期限の切迫度」という2つです。

まず重視したいのは、仕事の重要度です。会社にとって大きな意義を持つ仕事を、ほかよりも優先して片づけるべきです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)