会話の沈黙を 自然に防ぐ ちょっとしたコツとは?

会話の沈黙を 自然に防ぐ ちょっとしたコツとは?

Photo: Adobe Stock

午後のワイドショー「ゴゴスマ」(TBS系)を、東海ローカルから全国の人気番組へと躍進させた立役者である同番組MCでフリーアナウンサーの石井亮次氏が「話し方の極意」を初めて明かした『ゴゴスマ石井のなぜか得する話し方』が話題です。
上手にしゃべることではなく、相手を楽しませて、場の空気をよくすることを目標にかかげ「他人(ひと)はいじるな、自分をいじれ」「会話は合気道」「究極のほめテク」など、サービス精神にあふれる独特の会話術を披露。話し方で損をしているすべての人の救世主ともいえる本書から抜粋し、具体的な話し方のテクを紹介します。

■合う前に名前はカンペキに覚える

 会話が苦手だという人から「どうしたら石井さんみたいに誰とでもすぐに話せるようになれますか?」とうらやましそうに聞かれることがよくあります。いや、それはもう、「めちゃくちゃ準備」してますから。

 まず、初めて会う人の場合、名前は会う前に確認して覚えておきます。

 これはもちろん、まったくの予期せぬ遭遇の場合は無理ですが、ビジネスシーンで誰かに会うという時は、たいてい「誰と会うか」はあらかじめ情報があるはずです。「○○会社の△△さん」とわかっていれば、名前をフルネームで完璧に覚えましょう。で、会っている間に何度も「△△さん」と名前を呼んで話しかける。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)