会話の沈黙を 自然に防ぐ ちょっとしたコツとは?



 たとえば、事前に調べたら、同じ都道府県の出身だったとします。この時、会ってすぐに「○○さん、大阪出身ですよね。私、同郷です」とは言わない。他の話題を楽しみながら、何か関西の人っぽい発言があった時に、「あれ、もしかしてご出身は関西ですか?」と聞くんです。それで「大阪です」と言われたら、そこで初めて「私もです!」と大喜びする。このほうが、絶対盛り上がります。

 また、これはある意味リスクヘッジにもなります。

 というのは、出身地や出身大学などについては「話したくない」という人もいらっしゃいます。最初から勢い込んで「同郷です」とか「同窓です」と言うと、その場合には大きく外してしまいます。出していい話題かどうかを判断するためにも、準備した情報は胸に秘めて様子を見ながら小出しにしていくのが無難です。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

前へ 1 2 3

関連記事(外部サイト)