自民党「積極財政派」議連が新提言、骨太の方針の議論に一石投じるか

自民党「積極財政派」議連が新提言、骨太の方針の議論に一石投じるか

Photo:PIXTA

「経済財政運営と改革の基本方針2022」、いわゆる「骨太の方針」の取りまとめに向けて、緊縮財政派と積極財政派の攻防が激しくなってきているようだ。そんな中、「責任ある積極財政を推進する議員連盟」が提言を取りまとめた。その全貌を明らかにする。(政策コンサルタント 室伏謙一)

■緊縮財政派と積極財政派の攻防が激化プライマリーバランスの黒字化は盛り込まれるのか

 6月の「経済財政運営と改革の基本方針2022」、いわゆる「骨太の方針」の取りまとめに向けて、緊縮財政派と積極財政派の攻防が激しくなってきているようである。といっても、自民党内の緊縮財政派と積極財政派の対立のことではなく、是が非でも「2025年にプライマリーバランス(PB)を黒字化」という目標を骨太の方針に盛り込み、緊縮財政を進めたい財務省と、両派がしっかり議論している自民党との攻防のことである。

 ある大手メディアは、自民党政調会長直下に設置された財政政策検討本部と、総裁直下に設置というより移管された財政再建推進本部との間で対立があるかのような論調で書き立てていた。しかし、後者は事実上緊縮財政推進本部だとしても、前者は積極財政派のみならず緊縮財政派も参加して、今の日本に求められる必要な財政政策は何かについて、専門家の意見も聞きつつ検討を進めてきたのであり、当然意見の相違はあっても、対立と呼ぶようなものではなかったようである。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)