ロシア停戦に米英が「本気を出さない」2つの理由、紛争長期化でも得る恩恵とは

ロシア停戦に米英が「本気を出さない」2つの理由、紛争長期化でも得る恩恵とは

2021年にスイス・ジュネーブで開催された米露首脳会談での一幕 Photo:Pool/gettyimages

マクロン仏大統領とショルツ独首相が、ロシアのプーチン大統領と、80分間にわたって電話で3者会談した。このように、欧州諸国の首脳はウクライナ紛争の停戦に尽力している。一方、米国と英国の動きを注視すると、対話による紛争解決に消極的に見える。それどころか、開戦前から紛争の兆候を把握していたにもかかわらず、積極的に止めようとしなかった印象だ。米英は、なぜこうしたスタンスを取っているのか。その要因を、経済と政治の両面からひもといていく。(立命館大学政策科学部教授 上久保誠人)

■ロシアへの譲歩案を示していたウクライナだが雲行きが変わった

 ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は5月下旬、テレビ局のインタビューにおいて、ウクライナ紛争について「ロシア軍がウクライナへの本格侵攻を開始した2月24日以前の領土を取り戻すことができれば、ウクライナの勝利とみなす」と表明した(時事通信の報道より)。

 またゼレンスキー大統領は、米国などの一部にある「領土割譲の妥協案」を否定し、「ロシア軍がウクライナ領から全面撤退するまで、ロシアとの停戦や和平交渉に応じない」とする厳しい姿勢を示した。ウクライナが態度を硬化させたことで、停戦の可能性がますます遠のいている。

 この連載では、停戦が難しい理由の一つは、ウラジーミル・プーチン大統領の「保身」だと指摘してきた(本連載第299回)。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)