イノベーションをつくるのは、「文化」である

イノベーションをつくるのは、「文化」である

山内裕(やまうち・ゆたか)
京都大学経営管理大学院教授
京都大学工学部情報工学卒業、同情報学修士、UCLA Anderson SchoolにてPh.D. in Management(経営学博士)。Xerox Palo Alto Research Center研究員を経て、2010年に京都大学経営管理大学院に着任。価値の最先端が「文化」にシフトする中、人文社会学に基づく文化の経営学を研究している。主な著書には、『「闘争」としてのサービス顧客インタラクションの研究』(中央経済社)など。2021年度から文部科学省価値創造人材育成拠点形成事業として「京都クリエイティブ・アッサンブラージュ」を立ち上げる。

どうしてマクドナルドはハンバーガーを世界中に売ることができたのか? スターバックスはなぜ世界中の街角にあるのか? 一部の社会現象である「ヴィーガン」はいかにして世界的なトレンドになったのか? これらのイノベーションの背景には、ひとつの共通項がある。それはこれらが、新しい文化をつくったということだ。京都大学経営管理大学院で「文化の経営学」を専門とする山内裕教授は、これら人々を魅了するものの背景を読み解き、事業を文化の観点から設計する「文化のデザイン」を提唱する。この連載では、社会で活躍する企業のビジネスリーダーやアーティスト、デザイナーらを取材し、ビジネスに活かせる文化のデザインをお届けする。(構成:森旭彦)

■イノベーションは、文化の産物

イノベーションは、利用者の潜在ニーズを満たすこと、あるいは利用者の問題を解決することだと言われます。あるいは、デザインのよいキレイなもの、カッコいいものが、多くの人々を魅了することで実現されると考えられています。

しかし、実際のイノベーションは、そのような方法で生まれてはいません。それらはイノベーションの要素や結果です。イノベーションが生まれるためにもっとも必要なことは、「文化をつくる」ということなのです。

私はアップルやグーグルがインターネットによって世界の構造を大きく変化させていく時代の中を、通称シリコンバレーにある「パロアルト研究所(Palo Alto Research Center、PARC)」で研究者として過ごしていました。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)