令和トラベル社長の篠塚孝哉さん×シニフィアン朝倉祐介さん対談「起業でも投資でも勝つための鉄則とは?」

令和トラベル社長の篠塚孝哉さん×シニフィアン朝倉祐介さん対談「起業でも投資でも勝つための鉄則とは?」

篠塚孝哉(しのづか・たかや)
株式会社令和トラベル代表取締役社長
2011年株式会社Loco Partnersを創業、2013年に宿泊予約サービス「Relux」を開始。17年春にはKDDIグループにM&Aにて経営参画、最年少子会社社長(当時)として経営執行を担う。 2020年3月にLoco Partnersの社長を退任。2021年4月、株式会社令和トラベルを創業。同年6月には、シードラウンドで22.5億円の大型資金調達を実施。「あたらしい旅行を、デザインする。」をミッションに海外旅行代理業を展開。2022年4月、海外旅行予約アプリ「NEWT(ニュート)」をリリース。

書籍『ファイナンス思考』の著者で、起業家と投資家の経験をもつ朝倉祐介さんが、ビジネスのトップ層から現場に至るまで多彩なゲストをお迎えするインタビューPodcast「朝倉祐介の経営トーク」。今回のゲストは、海外旅行予約アプリ『NEWT(ニュート)』を手掛ける令和トラベルの篠塚孝哉社長。篠塚社長とは10年来の友人であり、同社の投資する立場でもある朝倉さんが、旅行代理店業を最悪とも思える時期になぜ立ち上げたのか、コロナ禍以外に想定外の大変さはどのようなところにあったのか、シリアル・アントレプレナーのメリットとデメリットは何か、などざっくばらんに聞いていきました。その一部をご紹介します。

朝倉祐介さん(以下、朝倉) 令和トラべルの篠塚社長にお越しいただいています。よろしくお願いします。

篠塚孝哉さん(以下、篠塚) お願いします。

朝倉 篠塚さんとは、お付き合い長いよね、10年ちょっとかな。まずは簡単な自己紹介と、創業した令和トラベルについて教えていただけますか。

篠塚 もちろんです。改めて。よろしくお願いします。

僕は2007年に社会人になり、リクルートの「じゃらん」の事業部に入って4年ぐらい勤めたあと、Loco Partnersという会社を創業して「Relux」という高級ホテル・旅館の予約アプリをやっていました。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)