頭がいい人と悪い人「異動」の捉え方で現れる差

頭がいい人と悪い人「異動」の捉え方で現れる差

Photo: Adobe Stock

「今の会社で働き続けていいのかな?」「でも、転職するのは怖いな……」。働き方が大きく変わるなか、そんな悩みを抱える人は多いだろう。高卒から、30歳で年収1000万円超という驚きの経歴をもつ山下良輔さんは、そんな「転職迷子」たちから圧倒的な支持を得ている。山下さんは出版した初の著書『転職が僕らを助けてくれる――新卒で入れなかったあの会社に入社する方法』で、自らの転職経験を全て公開している。
その戦略は「外資系やコンサル業界は、学歴エリートでなくても入れる」「職歴に一貫性はなくてもいい」など、これまでの「転職の常識」を塗り替えるものばかりだ。どうしたら人生を変える転職ができるのか、どうしたらいい会社選びができるのか。この連載では本書より一部を特別に公開する。

 職種を変えたい場合、もし今の会社内の「異動」でそれがかなえられるなら、試してみるといいと思います。異動はいわば「ステップ0・5」。キャリアや年収の階段がいっきに上がるわけではありませんが、未経験だった仕事を「経験」したうえで、次の転職に備えることができます。

 同じ会社なのでこれまでの社内での働きぶりを知っておいてもらえて、仕事もしやすい。職場の環境変化による負担も軽減することができます。

 また、ジョブチェンジは「憧れていたけど、いざ働いてみたら思っていたのと違った……」というミスマッチのリスクもあります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)