「新しいことは書いてないけど、大事なことが全部書いてある!」

「新しいことは書いてないけど、大事なことが全部書いてある!」

「新しいことは書いてないけど、大事なことが全部書いてある!」の画像

「世界一面白くてお金になる経済講座」を上梓した南祐貴(セカニチ)氏にとって、レオス・キャピタルワークス代表取締役会長兼社長CIOの藤野英人氏は、「長期投資の魅力を教えてくれた恩人」なのだという。南氏は藤野氏の唱える長期投資について学び、実践し、情報を発信することで今日の地位を築いた。南氏は出版の報告も兼ねて、東京丸の内のレオス・キャピタルワークスへお邪魔した。やや緊張した面持ちの南氏の前へ、リラックスした表情の藤野氏が現れ、和やかな対談が始まった。(構成/ダイヤモンド社・亀井史夫、撮影/高須力)

■「南さんの本、すぐに10冊注文しました。本当ですよ」

南祐貴(以下、南) 改めて自己紹介させてください。私、南祐貴と申しまして、平成元年生まれの32歳です。もともとは大企業のサラリーマンで、辛い社畜生活をしていたんです。「どうにかして辞められないかな…」とずっと思っていたんですね。そんな時、漫画『インベスターZ』(三田紀房)を読みました。第3巻の巻末のインタビューで藤野英人を知ったのが2014年です。いま振り返ってみると、そこが人生のターニングポイントでした。おかげで僕の人生が、2014年から2022年の8年間かけて、ガラッと良い方向に変わりました。本当に感謝しています。

藤野英人(以下、藤野) 何回か、リアルでも会っているよね。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)