医療界史上最悪のデマ「米国はしか感染増加のヤバイ理由」

医療界史上最悪のデマ「米国はしか感染増加のヤバイ理由」

Photo: Adobe Stock

「なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?」SNSに潜むウソ拡散のメカニズムを、世界規模のリサーチと科学的研究によって解き明かした全米話題の1冊『デマの影響力──なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?』がついに日本に上陸した。ジョナ・バーガー(ペンシルベニア大学ウォートン校教授)「スパイ小説のようでもあり、サイエンス・スリラーのようでもある」、マリア・レッサ(ニュースサイト「ラップラー」共同創業者、2021年ノーベル平和賞受賞)「ソーシャル・メディアの背後にある経済原理、テクノロジー、行動心理が見事に解き明かされるので、読んでいて息を呑む思いがする」と絶賛された本書から一部を抜粋して紹介する。

■公衆衛生を脅かすフェイク・ニュース

 2020年3月、悪意ある人間により計画的にアメリカ国民を不安にさせるフェイク・ニュースが拡散された。新型コロナウイルスの感染拡大を封じ込めるため、大規模な隔離が間もなく始まるというフェイク・ニュースだ。アメリカ国家安全保障会議(NSC)は、わざわざ公式にそのニュースを否定しなくてはならなかった。

 新型コロナウイルスに関して拡散されたフェイク・ニュースはそれだけではない。中国政府は、このパンデミックはアメリカ軍の仕業であるという陰謀説を流布させた。ウイルスを殺すために塩素を飲むといい、大量のアルコールを飲むといい、といった嘘の「治療法」が広まったせいで、何百人もの人が命を落とした。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)