「ダマされやすい巧妙なデマ」に共通する決定的な要素

「ダマされやすい巧妙なデマ」に共通する決定的な要素

Photo: Adobe Stock

「なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?」SNSに潜むウソ拡散のメカニズムを、世界規模のリサーチと科学的研究によって解き明かした全米話題の1冊『デマの影響力──なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?』がついに日本に上陸した。ジョナ・バーガー(ペンシルベニア大学ウォートン校教授)「スパイ小説のようでもあり、サイエンス・スリラーのようでもある」、マリア・レッサ(ニュースサイト「ラップラー」共同創業者、2021年ノーベル平和賞受賞)「ソーシャル・メディアの背後にある経済原理、テクノロジー、行動心理が見事に解き明かされるので、読んでいて息を呑む思いがする」と絶賛された本書から一部を抜粋して紹介する。

■ガソリン不足の情報がSNSで拡散

 2017年の夏、ハリケーン・ハービーがテキサス南部を襲った。洪水によって、何万もの人が家を失い、アメリカ南部のいくつかの製油所で操業が止まった。

 ガソリンが不足するというニュースがすぐにツイッターとフェイスブックで拡散された。ガソリン・スタンドでの長蛇の列と「ガソリン売り切れ」と書かれた間に合わせの看板が写った写真が添えられた投稿もあった。

 パニックが起きた。地域のドライバーたちはガソリンの買いだめに走った(1)。まるで世界が間もなく終わるかのようだった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)