一度やってしまえば、 驚くほどラクになる 超簡単!家の中の紙のデータ化

一度やってしまえば、 驚くほどラクになる 超簡単!家の中の紙のデータ化

一度やってしまえば、 驚くほどラクになる 超簡単!家の中の紙のデータ化の画像

片づけの中でも最難関の「紙の片づけ」。「今すぐ必要な紙が肝心なときに見つからない!」「支払いや振り込みの期限が過ぎて大失敗した!」「大事な紙をなくして信頼を失った!」など紙や書類の整理ができないために起こる悲劇も数え上げればキリがない。しかし、どうすれば紙が片づくのかわからない。そんな永遠の悩みをズバリ解決する唯一の本が石阪京子さんの『人生が変わる紙片づけ!』だ。本書には、必要な紙が5秒で取り出せる紙片づけ術の豊富なメソッドと、紙一枚で大惨事を招いた人たちのエピソードがたくさん出てくる。他人事ではないと思う人もきっと多いはずだ。そこで、本の発売を記念して石阪さんにインタビューした内容を4回に分けてお届けする。第3回目は、不要な紙を9割減らせるデータ化のコツついて聞いた。(取材・構成/樺山美夏)

■大事な予定表はスマホで撮って、クラウド保存して持ち歩く

―― 『紙片づけ』を読んで「そろそろ本気でやらないと……」と思ったのは、必要な紙のデータ化です。紙とデータの使い分けがうまくできずにいたので、思い切ってデータ化する上ですごく参考になりました。

石阪京子(以下、石阪):前に話したように紙の仕分けをして捨てるべきものを捨てたら、あとはデータ化するものとファイリングするものに分けます。私が片づけレッスンでホームファイリングを教えはじめたのは10年ほど前で、まだ紙が主流の時代だったんですね。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)