「スペインってどんな国?」2分で学ぶ国際社会

「スペインってどんな国?」2分で学ぶ国際社会

イベリア半島

ニュースで見聞きした国、オリンピックやW杯に出場した国、ガイドブックで目にとまった国――名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。新刊『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)は、世界地図を約30の地域に分け、地図を眺めながら世界212の国と地域を俯瞰する。各地域の特徴や国どうしの関係をコンパクトに学べて、大人なら知っておきたい世界の重要問題をスッキリ理解することができる画期的な1冊だ。この連載では、本書から一部を抜粋しながら、毎日1ヵ国ずつ世界の国を紹介する。

■スペインってどんな国?

 スペインは、ヨーロッパ大陸南西端に位置するイベリア半島の大部分を占める国です。北東部はフランス、アンドラと国境を接し、西部はポルトガル、南部はジブラルタルと国境を接します。

 地中海に面するスペインでは、夏の高温と乾燥という地中海性気候を生かした地中海式農業が盛んです。オリーブの生産量やぶどうの作付面積は世界一(2018年)です。

 地中海沿岸では稲作が行われている地域もあり、海や山の幸をたっぷり使ったお米料理「パエリア」が有名です。

 また、コルクがしの原生林ではイベリコ豚が放牧され、そこでどんぐりや草の根を食べて育ったイベリコ豚の生ハムは、栄養価が高く世界最高のハムといわれ、日本にも多く輸出されています。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)