頭がいい人と悪い人「身だしなみ」に対する考え方の差

頭がいい人と悪い人「身だしなみ」に対する考え方の差

Photo: Adobe Stock

「今の会社で働き続けていいのかな?」「でも、転職するのは怖いな……」。働き方が大きく変わるなか、そんな悩みを抱える人は多いだろう。高卒から、30歳で年収1000万円超という驚きの経歴をもつ山下良輔さんは、そんな「転職迷子」たちから圧倒的な支持を得ている。山下さんは出版した初の著書『転職が僕らを助けてくれる――新卒で入れなかったあの会社に入社する方法』で、自らの転職経験を全て公開している。
その戦略は「外資系やコンサル業界は、学歴エリートでなくても入れる」「職歴に一貫性はなくてもいい」など、これまでの「転職の常識」を塗り替えるものばかりだ。どうしたら人生を変える転職ができるのか、どうしたらいい会社選びができるのか。この連載では本書より一部を特別に公開する。

「僕は仕事の実績で評価されたいので、見た目は別にいいです」
「モテたいわけじゃないので(笑)」

 僕に転職の相談をしてくれた人に、準備のひとつとして「見た目を改善しよう」と伝えると、こんなふうにちょっと引かれたり、茶化されたりすることがよくあります。そのことを、僕はすごくもったいないなあ……と感じています。

 と、偉そうに書いたものの、僕自身も長い間、自分の外見には無頓着でした。

 気にするようになったのは、20代半ばのタイミング。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)