松下幸之助「伝統工芸は日本のものづくりの原点」

松下幸之助「伝統工芸は日本のものづくりの原点」

Photo: Adobe Stock

NHK「プロフェッショナルの流儀」で紹介され話題沸騰! 1200年続く京都の伝統工芸・西陣織の織物(テキスタイル)が、ディオールやシャネル、エルメス、カルティエなど、世界の一流ブランドの店舗で、その内装に使われているのをご存じだろうか。衰退する西陣織マーケットに危機感を抱き、いち早く海外マーケットの開拓に成功した先駆者。それが西陣織の老舗「細尾」の12代目経営者・細尾真孝氏だ。その海外マーケット開拓の経緯は、ハーバードのケーススタディーとしても取り上げられるなど、いま世界から注目を集めている元ミュージシャンという異色の経営者。そんな細尾氏の初の著書『日本の美意識で世界初に挑む』がダイヤモンド社から発売された。閉塞する今の時代に、経営者やビジネスパーソンは何を拠り所にして、どう行動すればいいのか? 同書の中にはこれからの時代を切り拓くヒントが散りばめられている。同書のエッセンスを抜粋してお届けする。

■「ものづくりの心」を未来に伝えていきたい

 歴史を振り返れば、パナソニックの創業者である松下幸之助氏が、「伝統工芸は日本のものづくりの原点である」という言葉を遺されていることは、先述しました。

 松下氏ご自身が大切にされていた「素直な心」を育てる道が茶道にあると思い、茶道具に触れるうちに、関心が伝統工芸に向かっていったそうです。

 現在パナソニックの迎賓館として使用されている、京都の岡崎にある真々庵は、松下氏の別邸でした。こだわり抜いたお茶室もあります。

 松下氏は、朝日焼の器も多くコレクションされていました。

 工芸家を支援することによって、「ものづくりの心」を未来に伝えていきたいと考えていらした方です。伝統工芸に対する敬意を常にお持ちでした。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)