Netflixのカリスマ経営者を驚愕させた凄腕コンサルタントの教えとは?

Netflixのカリスマ経営者を驚愕させた凄腕コンサルタントの教えとは?

Photo: Adobe Stock

Netflix、Spotify、Adobe……数々の企業を成功に導いた凄腕コンサルタント、ハミルトン・ヘルマー。彼が著した経営戦略の指南書『7 POWERS』はシリコンバレーの起業家たちの間で経営の教科書として密かに読み継がれてきた。アメリカで私家版的に刊行されたため、日本ではごく一部のトップビジネスマンにしか知られていなかった同書が、ついに邦訳刊行される。本連載では、その『7 POWERS』の一部を特別に公開していきたい。
まずは今回から3回にわたって、同書の制作に全面協力したNetflixの創業者で現CEOのリード・へイスティングスが『7 POWERS』に寄せた熱い「序文」を紹介する。2004年のある日、ヘイスティングスは自社に投資するヘッジファンドの運営者の来訪を受けた。経営状況の確認とばかり思っていたヘイスティングスは、その人物が語るNetflixへの評価のあまりの的確さに衝撃を受ける。それこそがハミルトン・ヘルマーとの出会いだった……。

■ハミルトン・ヘルマーとの運命的な出会い

 今となっては想像もできないが、私(リード・へイスティングス)とハミルトン・ヘルマーとの関係は極めて儀礼的なものとして始まった。2004年9月29日、その日も私の手帳は多くの予定で埋まっており、ハミルトンとラリー・ティントによる来訪はその一つにすぎなかった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)