プーチンに衝撃!友好国・中国がロシア向け輸出を「激減」させていた

プーチンに衝撃!友好国・中国がロシア向け輸出を「激減」させていた

中国がロシア向け輸出を激減

プーチンに衝撃!友好国・中国がロシア向け輸出を「激減」させていた

安全保障会議に臨むロシアのウラジーミル・プーチン大統領 Photo:JIJI

ロシアに対する国際制裁が機能していないのではないかという懸念が渦巻いている。しかし、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領を確実に追い詰めていることを示唆するデータもある。習近平国家主席がロシアへの「無制限の協力」を公言した中国ですら、ロシアに対する「輸出」を激減させているのだ。それがプーチン大統領に与えるダメージについて、調査結果を踏まえながら考察したい。(イトモス研究所所長 小倉健一)

■「ロシアを柵で囲うことは不可能」プーチン大統領の言葉は真実か?

 ウクライナによる必死の抵抗は続くが、「ピョートル大帝(ピョートル1世)の栄光」を信奉するロシアのウラジーミル・プーチン大統領はますます自身の信念を深めているようだ。

 プーチン大統領は、6月、モスクワで開催された「ピョートル1世生誕350年記念展」を見学した。その後、ロシアの若い企業家とタウンホール形式の会議を開き、冒頭で18世紀のスウェーデンとの戦争でバルト海沿岸を征服したピョートル大帝について振り返った。

「ピョートル大帝が征服した土地は、正真正銘のロシアである」「ピョートル大帝が占領した土地にサンクトペテルブルクを建設したとき、ヨーロッパのどの国もロシアのものだと認めなかった」「しかし、そこには昔から(ロシアの人口の多数を占める)スラヴ系民族も住んでいた」「ピョートル大帝は何も奪っていない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)