「Jリーグ史上初の厳罰」が鈴鹿に下った当然の理由、所属のキングカズも災難

「Jリーグ史上初の厳罰」が鈴鹿に下った当然の理由、所属のキングカズも災難

鈴鹿ポイントゲッターズの三浦泰年監督(左)と三浦知良(右) 写真提供:鈴鹿ポイントゲッターズ

今シーズンから55歳のレジェンド、FW三浦知良が所属する日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿ポイントゲッターズに前例のない厳罰が下された。来シーズンのJ3昇格への必須条件となる「Jリーグ百年構想クラブ」資格が、6月28日のJリーグ理事会で剥奪されたのだ。元幹部による過去の八百長行為指示の代償として鈴鹿の目標が消滅し、結果的にカズのブランド力も傷つけられてしまった。この背景を、鈴鹿とJリーグの双方が見せてきた言動から探った。(ノンフィクションライター 藤江直人)

■キングカズ所属の鈴鹿に厳罰Jリーグ昇格のための資格を剥奪

 日本サッカー界で前例のない厳罰が下された。Jリーグへ昇格するために必要な資格の剥奪。対象となったのは今シーズンから55歳のレジェンド、カズが所属する鈴鹿ポイントゲッターズだった。

 Jリーグは6月28日に開催した理事会で、鈴鹿に付与していた「Jリーグ百年構想クラブ」の資格剥奪を決めた。会見に臨んだ野々村芳和チェアマンは、鈴鹿に対して厳しく言及した。

「そもそも端を発した案件で言えば、八百長を企てたということ。改めてですけど、Jリーグとしては絶対にあり得ないということです」

 Jリーグ入りするためのロードマップを説明すれば、47都道府県のリーグから全国を九つのブロックに分けた地域リーグ、そしてアマチュアも混在するJFLへと勝ち上がっていく。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)