【ミリオンセラー会計士が教える】 人を大切にする会計、人を大切にしない会計

【ミリオンセラー会計士が教える】 人を大切にする会計、人を大切にしない会計

Photo: Adobe Stock

「原材料高」「供給網混乱」「侵攻長期化」……経営者の悩みは尽きない。
人気YouTuber公認会計士でミリオンセラー作家の山田真哉氏は、「コロナ禍明けに売上! 売上! と社員を急き立てる経営者は危ない…」と、意味深な“売上中毒・危険警報”を発する。
そんな山田氏が「このレベルの本はまず出てこない、20年に一冊の本。読まない理由がない。」と断言する本がある。『売上最小化、利益最大化の法則──利益率29%経営の秘密』(木下勝寿著)だ。
著者の木下氏は、たった一人で起業→詐欺にあって無一文→史上初の4年連続上場→現在東証プライム上場社長兼現役マーケッターとしてD2Cの最前線で活躍。SNSでは木下氏の言葉が多くの共感を集めている。「2021年 スタートアップ・ベンチャー業界人が選ぶビジネス書大賞」を受賞した木下社長処女作の魅力とは何か。山田氏に聞いた。

■素因数分解タイプの本

――前回、“経営者に響く本”として『売上最小化、利益最大化の法則』が出ました。

 ただ、この本、結構、難しい内容を扱っている気もします。

山田真哉(以下、山田):そうですね。たしかに、内容としては難しいかもしれません。

 ただ、素因数分解のタイプの本なんですね。

――面白い。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)