【マンガでわかるゲーム理論】カリフォルニア大学バークレー校准教授が教える「なぜ人は話し合うのか?」

【マンガでわかるゲーム理論】カリフォルニア大学バークレー校准教授が教える「なぜ人は話し合うのか?」

【マンガでわかるゲーム理論】カリフォルニア大学バークレー校准教授が教える「なぜ人は話し合うのか?」の画像

世界的に有名な企業家や研究者を数多く輩出している米国・カリフォルニア大学バークレー校ハース経営大学院。同校の准教授として活躍する経済学者・鎌田雄一郎氏の『16歳からのはじめてのゲーム理論』は、著者の専門である「ゲーム理論」の本質をネズミの親子のストーリーで理解できる画期的な一冊だ。
ゲーム理論は、社会で人や組織がどのような意思決定をするかを予測する理論で、ビジネスの戦略決定や政治の分析など多分野で応用される。そのエッセンスは、多くのビジネスパーソンにも役に立つものである。本書は、各紙(日経、毎日、朝日)で書評が相次ぎ、竹内薫氏(サイエンス作家)、大竹文雄氏(大阪大学教授)、神取道宏氏(東京大学教授)、松井彰彦氏(東京大学教授)から絶賛されている。その内容を人気漫画家の光用千春さんがマンガ化! WEB限定特別公開の連載第2回です(全7回、毎週日曜日更新予定)。

■お互い何を考えているのかを探り合う

【解説コラム】

 第2章はH氏の歌手プロデュースの話でした。この話の元ネタは、ジョン・ジーナコプロス氏とヘラクリス・ポレマルカキス氏による、1982年の論文です。Journal of Economic Theoryという学術雑誌に紹介されたもので、論文タイトルを “We Can’t Disagree Forever”(訳:『我々は永遠に見立てを違えるということはない』)といいます。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)