【ベストセラー精神科医が教える】 9割の人が知らない! 610ページの本を1時間で読む方法



「全部身につけよう」と、最初から最後まで精読しすぎると、やるべきことがたくさんありすぎ、どれも行動に移せなくなるのです。

■610ページの本を1時間で読む方法

 ちなみに、私がサラリーマンYouTuberサラタメさんの初の著書『シン・サラリーマン』を読んだとき、1時間もかかっていません。

「そんなバカな? 610ページもあるのに!」

 と思われるかもしれませんが、事実です。

 読書もコツがあります。

 本書においては「STEP0:大原則」がとても大切です。

 つまり、22ページから48ページの「STEP0」だけは精読ベースで、丁寧に読んだほうがいいでしょう。

 ここを読めば、リーマン力、副業力、マネー力の3つが大切。

 そして、そのバランスが大切ということがわかります。

「STEP0」を読むだけで、あなたに必要なもの、あなたに足りないものは何なのかがよくわかるはずです。

 自分の仕事での悩みがはっきりしている人は、該当ページの「STEP1:リーマン力」をサクサク読めばいいわけです。

 多くのサラリーマンに足りないのは「STEP2:副業力」と「STEP3:マネー力」でしょう。

関連記事(外部サイト)