凄腕コンサルタントは、なぜNetflixの将来性を見抜くことができたのか?

凄腕コンサルタントは、なぜNetflixの将来性を見抜くことができたのか?

Photo: Adobe Stock

Netflix、Spotify、Adobe……数々の企業を成功に導いた凄腕コンサルタント、ハミルトン・ヘルマー。彼はその著書『7 POWERS』で、優れたビジネスに必須の「7つのパワー」を解き明かした。戦略に対する深い洞察と実践経験に基づく同書は、シリコンバレーの起業家たちの間で経営のバイブルとして密かに読み継がれてきた。
アメリカで私家版的に刊行されたため、日本ではごく一部のトップビジネスマンにしか知られていなかった同書が、ついに邦訳刊行される。本連載では、その『7 POWERS』の一部を特別に公開していきたい。
今回からは、『7 POWERS』で明かされる第1のパワー「規模の経済」について、具体的な内容を紹介する。ヘルマーがNetflixへの投資を始めたのは2003年、当時はまだ創業間もない無名の企業だった。しかし、ヘルマーはNetflixのビジネスは「パワー」を持つ可能性があると確信していた。その読み通り、Netflixは類例のない快進撃を始めるのだが……。

■Netflixがライバルを打ち倒した「パワー」とは?

 では7パワーズを構築するための旅を始めよう。これより、7種類のパワーを一つずつ明らかにしていきたい。まず第1のパワー「規模の経済」について、Netflixの例を取り上げて解説しよう。

 2003年の春、私はカリフォルニア州ロスガトスを拠点とする小さな会社への投資に踏み切った。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)