安倍元首相の下で自民党は「左傾化」、左派野党が壊滅した今の対抗勢力は?

安倍元首相の下で自民党は「左傾化」、左派野党が壊滅した今の対抗勢力は?

Lintao Zhang / Getty Images News

安倍晋三元首相が銃撃されて亡くなった。本稿では安倍氏に哀悼の意を表しつつ、首相としての歩みをじっくりと振り返る。第1次政権は「大失敗」と批判されたが、不器用さの中に改革への志を秘めていた。第2次政権では熟練度を増した一方、窮屈で息苦しそうにも見えた。そんな安倍氏の功績の一つは、本来ならば左派野党が取り組むべき「労働者への分配」などの政策を推進し、左派野党の居場所を奪って壊滅させたことである。この「左傾化」戦略は、日本にどんな影響をもたらしたのか。(立命館大学政策科学部教授 上久保誠人)

■「大失敗」「敵前逃亡」と酷評された第1次政権が秘めていた魅力

 安倍晋三元首相が7月8日、参議院選挙の応援演説中に銃撃を受けて死去した。心から哀悼の意を表する。私は14年間に及ぶ本誌での連載(前身含む)を通して、安倍晋三という政治家を見続けてきた。今回はその知見を踏まえて、憲政史上最長の「通算3188日」にわたって首相を勤めた政治家・安倍晋三を総括したい。

 安倍氏については、思い返すことが数多くある。まず、一般的には「大失敗」と評価される2006〜07年の第1次安倍政権のことだ(本連載第101回)。

 第1次政権時、安倍氏は「戦後レジームからの脱却」をスローガンに、歴代自民党政権が成し遂げられなかった「教育基本法改正」「防衛庁の省昇格」「国民投票法」といった「やりたい政策」の実現に突き進んだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)