「初対面から打ち解けられる人」が“こっそり”やっていること

「初対面から打ち解けられる人」が“こっそり”やっていること

「初対面から打ち解けられる人」が“こっそり”やっていることの画像

初対面の人と会話が続かない、なぜか気まずい空気が流れてしまう……。そんな会話やコミュニケーションの悩みを持つ人にぜひ読んでもらいたいのが、6月に刊行された『おもろい話し方 〜芸人だけが知っているウケる会話の法則』だ。発売後即重版、Amazonランキングでも1位(ビジネス交渉・心理学)を獲得と、大きな話題を呼んでいる。著者の芝山大補氏は、元芸人でネタ作家。これまで芸人300組以上のネタ制作に携わってきた。現在はその経験を活かし、ビジネスパーソンから一般の方まで幅広い層に「コミュニケーションに活きる笑いのスキル」を教えるなど、活動の場を広げている。
そんな芝山氏のノウハウを凝縮した初の著書『おもろい話し方』には、型破りな、けれども再現性の高い技術が満載だ。「初対面でも会話が続く人がやっていること」「相手の心に10倍響く“感想”の伝え方」「好かれるリアクションの極意」など、明日からすぐに使える技術の数々は、これまでどんな「話し方」本を読んでもうまくいかなかった、という苦手意識の強い人にこそぴったりの一冊に仕上がっている。今回は、本書の発売を記念して特別インタビューを実施。この記事では、「初対面の名刺交換で使えるスゴ技」について、芝山氏にとことん語ってもらった。(取材・構成/川代紗生、撮影/疋田千里)

■初対面でも一瞬で打ち解けられる!「名刺交換」のスゴ技

──仕事の取引先の人と打ち合わせするなど、初対面の人に挨拶する場面が苦手、という人も多いと思います。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)