『起業のエクイティ・ファイナンス』著者が考える、起業家に最も必要な資質とは

『起業のエクイティ・ファイナンス』著者が考える、起業家に最も必要な資質とは

磯崎哲也(いそざき・てつや)
フェムトパートナーズ株式会社 ゼネラルパートナー
1984年早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。長銀総合研究所で、経営戦略・新規事業・システム等の経営コンサルタント、インターネット産業のアナリストとして勤務した後、1998年スタートアップの世界に入り、カブドットコム証券株式会社社外取締役、株式会社ミクシィ社外監査役、中央大学法科大学院兼任講師等を歴任。2012年からフェムトでスタートアップへの投資を開始。公認会計士、税理士、システム監査技術者。著書は他に『起業のファイナンス』(日本実業出版社)。[Photo: 著者提供]

起業家やVCなど、スタートアップ関係者のバイブルとなっている『起業のファイナンス』『起業のエクイティ・ファイナンス』の著者・磯崎哲也氏が、スタートアップ経営者に最も必要な資質としてあげたのは、「vulnerability」という言葉でした。
『増補改訂版 起業のエクイティ・ファイナンス』の発売を記念し、その詳細を解説してもらいます。
(この記事は、『増補改訂版 起業のエクイティ・ファイナンス』の本文の一部を改変したものです。)

■何がスタートアップに人を惹きつけるのか?

 仮に、3人でスタートアップを始め、この会社が数年で1000人規模の会社にまで成長するポテンシャルがあるとします。この場合、成功した未来の会社のほとんどは、「これから採用する」人によって構成されていることになります。

 そうした、これから採用される人を惹きつける力は、一体何なのでしょうか?

 ファイナンスの本なので「お金」という答えを期待するかもしれませんが、多くの場合、就職や転職を考えている人が惹きつけられる直接の要因は「お金」ではなく、「その会社で自分の成長が期待できるか」「チャレンジしがいがある仕事か?」「経営陣が尊敬できて、新しいことのチャレンジに理解があるか」等です。しかし、だからといって「会社の目的が高尚なのだから、低賃金で働け」と言って人が集まるわけはありません。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)