【急停止】GEの業績維持エンジンが突然、止まった

【急停止】GEの業績維持エンジンが突然、止まった

Photo: Adobe Stock

多くの日本人は気づいていなかったが、2000年以降のアメリカでこの100年起こっていなかった異変が進行していた。発明王・エジソンが興した、決して沈むことがなかったアメリカの魂と言える会社の一社、ゼネラル・エレクトリック(GE)がみるみるその企業価値を失ってしまったのだ。同社が秘密主義であることもあり、その理由はビジネス界の謎であった。ビル・ゲイツも「大きく成功した企業がなぜ失敗するのかが知りたかった」と語っている。その秘密を20数年にわたって追い続けてきたウォール・ストリート・ジャーナルの記者が暴露したのが本書『GE帝国盛衰史 「最強企業」だった組織はどこで間違えたのか』(ダイヤモンド社刊)だ。電機、重工業業界のリーダー企業だったこともあり、常に日本企業のお手本だった巨大企業の内部で何が起きていたのか? 2008年の金融危機の際に、GEの業績維持エンジンが、突如停止した。(訳:御立英史)

■突然、亀裂が走った

 2008年3月中旬、イメルトは、世界では金融サービスに嵐が吹き荒れているが、GEの第1四半期の業績は順調だと投資家に語りかけた。ある部門が打撃を受けても別の部門が補う、コングロマリット・モデルがまだ機能している、というメッセージだった。

 ところがその数週間後、午前6時のニュースで、GEの第1四半期の実績が目標に大きく届かなかった、という結果が報じられた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)