岸田首相がコロナ「2類相当→5類」をためらう事情、支持率急落で3つの不安

岸田首相がコロナ「2類相当→5類」をためらう事情、支持率急落で3つの不安

7月31日、新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けの見直し検討を明らかにした岸田文雄首相 Photo:JIJI

岸田文雄首相が、新型コロナウイルスの感染法上の位置付けの見直しを検討していると表明した。感染拡大「第7波」の収束を待って、現行の「2類相当」からの引き下げを考えているという。ただ、実は岸田首相はもっと前から検討をしていた。すぐに実行できない現段階で意思表明をしたところに、岸田首相の苦悩が表れている。コロナ対策と経済活動の両立を掲げる岸田首相が、引き下げをためらう事情に迫る。(イトモス研究所所長 小倉健一)

■岸田首相がコロナ「2類相当」の引き下げ検討をついに表明

 いよいよ岸田文雄首相が新型コロナウイルスの感染症法上の位置付け見直しを検討していると表明した。

 1日当たり20万人以上もの新規感染者が確認される中、医療機関や保健所はパンク状態にある。現在の感染症法上の位置付けは、入院勧告や就業制限など厳しい措置を取ることができる「2類相当」だ。これを季節性インフルエンザと同等の「5類」レベルに変更することにより、行政や医療現場の負担を軽減させたい考えだ。

 筆者は4月時点で首相がその検討を始めたことを報じたが、今回の遅すぎる決断とその方向性には不安も広がっている。

 詳しくは4月9日配信の「ダイヤモンド・オンライン」の拙稿『【独自】コロナ「2類相当→5類」指定に見直しへ、岸田首相が決断』を読んでいただきたいが、昨年秋に就任した岸田首相は、早い時期から新型コロナの感染症法上の扱いについて変更することを考えていた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)