【コンサルが解説】多くの経営者が実践する、直観力を磨くための「朝の習慣」とは?

【コンサルが解説】多くの経営者が実践する、直観力を磨くための「朝の習慣」とは?

Photo: Adobe Stock

変化が激しく先行き不透明の時代には、私たち一人ひとりの働き方にもバージョンアップが求められる。必要なのは、答えのない時代に素早く成果を出す仕事のやり方。それがアジャイル仕事術である。『超速で成果を出す アジャイル仕事術』(ダイヤモンド社、6月29日発売)は、経営共創基盤グループ会長 冨山和彦氏、『地頭力を鍛える』著者 細谷 功氏の2人がW推薦する注目の書。著者は、経営共創基盤(IGPI)共同経営者(パートナー)で、IGPIシンガポール取締役CEOを務める坂田幸樹氏だ。業界という壁がこわれ、ルーチン業務が減り、プロジェクト単位の仕事が圧倒的に増えていく時代。これからは、組織に依存するのではなく、一人ひとりが自立(自律)した真のプロフェッショナルにならざるを得ない。本連載では、そのために必要なマインド・スキル・働き方について、同書の中から抜粋してお届けする。

■スキルは、アートとサイエンス、クラフトに分かれる

 カナダのマギル大学デソーテル経営大学院のヘンリー・ミンツバーグ教授は、ビジネスにおけるスキルをアート、サイエンスとクラフトの3つに分けて解説しています。

 アートとは言葉のとおりセンスのようなもので、直感や感覚などを指します。動物的な嗅覚で新たなビジネスチャンスを見出す人はアート面に長けていると言えるでしょう。

 ビジネススクールの科目では、戦略やリーダーシップなどはアートの要素が強いと考えられています。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)