何かに挑戦する大切さを教えてくれる勉強本

何かに挑戦する大切さを教えてくれる勉強本

Photo: Adobe Stock

韓国で45万部の超ロングセラーが発売から7年、いよいよ日本に上陸。韓国で社会現象を巻き起こした『勉強が面白くなる瞬間』。この本を読んで、学生の98.4%が「勉強をしたくなった」と証言! なぜ、勉強をしなかった人たちが勉強に夢中になるのか。10代〜70代の世代を超えて多くの人が共感。そこにノウハウは一切ありません。ただ、この本を読んだ人にはわかることでしょう。執筆に8年かかったとされる『勉強が面白くなる瞬間』から、その驚くべき内容を紹介する。
今回は、資格を800個以上取得、メディア登場回数が400件を超える『効率よく短期集中で覚えられる 7日間勉強法』の著者である鈴木秀明氏にインタビュー。『7日間勉強法』は、1週間で覚えるべき情報を取捨選択し、短期で結果につなげる勉強法。それはまるで「引越し」作業のような方法で、本番に向けて、しり上がりに精度を高めていきます。この勉強法のほうが、韓国でマッチしそうな気もするが、著者は共に田舎育ち。似ている環境でありながら、両国最高峰の大学に合格。『勉強が面白くなる瞬間』は「環境」が1つのキーワードでもあるが、勉強に没頭できる人は、どんな環境でも結果を出せるのか?

■やる気が出ない日の過ごし方とは?

――なぜ、『勉強が面白くなる瞬間』が韓国でベストセラーになったと思いますか?

 韓国の世相、国民性があったうえで、類書が存在しないことでしょうか。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)